和婚スタイル

日本古来の美意識を反映して、気高さと衣装をまとうことができるのが、和婚スタイルの魅力です。現代の色打掛は江戸時代の武家の正装を参考に、「白無垢」と区別するために「色打掛」と呼ばれています。重厚な織りや繊細な飾りは、伝統技法を駆使しており、伝統を重んじる正統派の花嫁に人気です。

白無垢と違い、色使いが華やかな印象な色打掛ですが、純白の色打掛は洗練された大人の女性をよりノーブルに演出してくれます。掛け下には、あでやかな赤と白の市松ぼかしに、梅の花を書いた大振袖を合わせて。情熱が薫コーディネートで洗練された大人の女性を演出することができます。

結婚式という喜ばしい儀式に、内に秘めた情熱を表現したいのであれば、華やいだオーラを放つ大人可愛い赤の色打掛が定番です。ドラマチックな深紅が凛とした大人の色気を漂わせてくれます。赤の色打掛は目上の方や親戚からの好感度も、定番であるがゆえに高く、格式の高いお色直しの一枚になることでしょう。赤の色打掛と言っても、様々な文様の柄がありますので、ご自身の表現したい世界観をもとに自分のイメージに合った文様の色打掛を選ぶと良いでしょう。レンタルドレスなどで色打掛を選ぶ際には、色だけでなく文様にもこだわりを持って選ぶことをおすすめします。