Day: March 14, 2017

http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/bac4b494c45e327ea09446d73a257226_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/99ab578785e254f84da1f7a371ccd3e2_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/980e39a5fa7c9416fb99d357e721e643_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/64bea57ef4e6b43833993d199d8f758d_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/5c85c32fcdff245fcee838afd69f6469_m.jpg
レンタルドレス

子どもがドレスを着る機会

子供は大人と違ってドレスを着る機会が少ないと思いきや、実はピアノの発表会や結婚式にお呼ばれした際などに着る機会が案外あるものです。 小さな子供が習い事をする際にピアノから始める両親は多く、年に1回~2回発表会でドレスを着ることになるケースがあります。子供の背は毎年ぐんぐん伸びるものですので、毎年ドレスを買うという親もいるでしょう。結婚式では叔母や叔父のためにリングガールやペールガールをお願いすることもあるでしょう。結婚式という大舞台で大切なリングを花嫁に運ぶ大役を任せる子供は、もちろんドレスを着て花嫁に負けない可愛らしさを発揮するでしょう。 ドレスの種類は様々な種類がありますが、ラブリーなものからベロアなどで落ち着いたものまで、その場の雰囲気に合わせたものが良いでしょう。ドレス選びの際は、本人の意見ももちろん聞いて試着した上で決定しましょう。子供によっては着心地が悪いと脱いでしまう場合もありますので、試着の上、体を動かして違和感がないか確認することも大切です。 ピアノの発表会など、毎年背丈の変わる子供にドレスを買う事も一つの手段ですが、レンタルドレスなどもありますので、ドレスの置き場所やコストを勘案してよりよい選択をするのが無難です。

Read More