ドレスとマナーについて

http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/bac4b494c45e327ea09446d73a257226_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/99ab578785e254f84da1f7a371ccd3e2_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/980e39a5fa7c9416fb99d357e721e643_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/64bea57ef4e6b43833993d199d8f758d_m.jpg
レンタルドレス
http://arbetahemifranonline.com/wp-content/uploads/2017/04/5c85c32fcdff245fcee838afd69f6469_m.jpg
レンタルドレス

ドレスとマナーについて

せっかくの素敵なドレスも、ショールやアクセサリーの選び方によっては、台無しになってしまいます。

ドレス以外のマナーもチェックしておきましょう。

 

昼間に肩の出るドレスを着用する場合は、ボレロやショールを着用して露出を抑えます。

素材は、ドレス同様にマナー違反にならないよう気をつけます。

 

どんなに暑い日でも、素足はタブーとされています。

ベージュのナチュラルなストッキングを着用しましょう。

黒やカラフルなカラータイツ、網タイツ、派手な柄などカジュアルなものは止めましょう。

ただし、上品な柄やラメ素材の黒ストッキングは、着用して問題ない場合もあります。

 

バッグは、ハンドバッグやクラッチバッグなど、コンパクトなパーティーバッグのみ会場に持ち込めます。

必要最低限のものをまとめ、入りきらない大きな荷物はクロークで預けます。

 

靴は、周りが覆われたパンプスを選ぶと良いです。

妊娠中など特別な理由がない限りは、ヒールのある上品なパンプスをはきましょう。

ヒールは3cm以上、細めで女性的な形が好ましいです。

スニーカーやブーツ、サンダル、カジュアルなデザインの靴ははくことができません。

オープントゥ、ミュールなど、つま先やかかとが見えるデザインもカジュアルな印象です。

 

アクセサリーは、大ぶりなものやティアラ、生花など、新婦とかぶってしまうものは厳禁です。

パールや光らない石など、小ぶりで上品なものを選びましょう。

夜間に限り、キラキラと光るものをつけることができますが、新婦より目立ってしまわないよう注意しましょう。

 

結婚式は、時間を忘れて楽しむ日です。

時間を気にしていると、退屈だと誤解されてしまうため、腕時計は外しておきましょう。

Category : Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *